補償を確認

一家

選べるコース

自転車保険では、多くのニーズに対応できるように、数種類のコースを用意している場合がほとんどです。
月々の支払いが高ければ高いほど事故の際の補償金額も高くなります。
通常の医療保険や生命保険になると、安くても月々の支払が約3千円から4千円はかかりますが、自転車保険の場合400円程度で加入できるものもあるので非常に手頃です。
400円程度の支払いでも、倍賞責任で最大5千万円ほどの賠償金がおりることもあるので非常に充実したサービスといえます。
もし毎日自転車に乗るのであれば、その分事故が発生する確率も高くなるので、少し保険のグレードを上げても良いでしょう。
自転車保険の場合、高くても千円程度であるケースがほとんどなので、経済的負担も少なくて済みます。

示談ができるか確認

もし自転車事故で相手に怪我をさせてしまい、入院させることになると、賠償責任は大きくなります。
そういった場合、賠償金を示談で決定する必要があります。
自転車保険に入る際に、示談を行ってくれるサービスがついているかどうかも確認しておくと良いでしょう。
人気の保険やサービスが充実した保険の場合は、どのコースにおいても補償内容に示談代行サービスがついてきます。
保険会社によっては、示談代行が補償にふくまれていても、事故のケースによっては示談ができない場合もあるので事前に確認が必要です。
人的被害だけでなく、車に傷を付けてしまう場合や自転車で転んで怪我をした場合でも補償があるとかなり助かるので、保険を選ぶ時にはより幅広い補償をしてくれる会社を選ぶと良いでしょう。