もしもの為に

自転車

増える利用者

ロードバイクやシティサイクルがブームになっている中、より一層自転車保険の重要性が高まっています。
自動車事故の中でも、自転車との接触事故はかなり多く発生しています。
自動車に比べるとスピードが出ることもないので安全と思っている人も多くいますが、自動車と同じ道路を走る自転車には危険が多くあります。
最近では自転車保険の種類もかなり豊富になっており、多くの保険会社が自転車保険を展開しています。
保険の補償内容やサービス内容、保険の価格も会社によって様々なので一度確認してみると良いでしょう。
インターネット上で簡単に申し込みができますが、年齢制限もあるので注意が必要です。

事故が発生したら

自転車事故は、自転車単独での事故から歩行者との接触事故、自転車同士の接触事故、自動車との接触事故などそのケースも様々です。
特に、自転車に乗っていて相手に怪我を追わせてしまった場合は、相手に対しての賠償責任が発生します。
こうしたケースにも対応できるように、自転車保険の補償内容はかなり多岐にわたります。
最近人気の自転車は、タイヤも大きくスピードもかなり出るので、事故が発生しやすいといわれています。
自分は慣れているから大丈夫という安易な考えで自転車を利用するのではなく、もしもの備えとして自転車保険に加入しておくのが良いでしょう。
人気の自転車保険になると、スマートフォンなどのアプリを利用して自分の保険における補償内容も確認できます。
安心した自転車生活を送るにも、幅広くサービスを展開している自転車保険を選ぶのが良いでしょう。